レディホワイト

歯の黄ばみが気になったきっかけ

私が歯の黄ばみが気になったきっかけは、むし歯予防に歯石取りを歯医者でしてもらった際に、歯の裏側のステインを鏡で見せられた時です。
驚きました!煙草を吸わないので黄ばみに無関心だったのですが、コーヒー好きの私の歯の裏は真っ黒・・
それ以来、表側の黄ばみも気になりだし、歯磨き粉の選び方もホワイトニング効果が高いものにしました。

私は仕事で子供達や保護者の方を相手にする、接客業をしていますので、人と常に顔を合わせて、お話をしたり、常に笑顔を心がけていないといけないので、歯には気をつけています。

タバコはヤニで歯の黄ばみの原因になりますし、お酒も飲むと歯に色素沈着してしまうとわかっているのにやめられない厄介ですね。
私がヤバイと感じた瞬間は、タバコを吸わない友人と食事をした時ですね。
俄然、私の方が黄色ので・・

上の前歯が二本、大きくて目立つタイプなのですが、子どもの頃から黄ばみに悩んでいました。
一日三回よく磨いているし、色が付着するような食べ物や飲み物もあまり摂っていないのに、どうしてなんだろうとずっと思っていました。
「煙草吸ってるんじゃないの?」と友達にからかわれたりして、嫌な思いをしたこともありした。。。

歯科に通っていた時に、正しい歯の磨き方を教わって、実践してみました。
正直、めんどくさくなるような磨き方だったのですが、しばらくすると歯の表面がツルツルに・・。
しかも歯の色もワントーン明るくなった気がしました。
今までの歯の色が急に恥ずかしくなり、今では着色汚れに敏感になっています。

 

タバコと歯の黄ばみの関係

タバコには、タールが含まれています。タールはヤニとも呼ばれていて、タバコがからだに良くないといわれる原因のひとつでもあります。

 

タバコのフィルタに付着している茶色のシミのようなものを見たことがないでしょうか?

 

これがタールです。
粘着性が大変強くベトベトとしている油のようなもので、部屋でタバコを吸っていると、壁が黄色や茶色くなってしまうこともあります。
タバコは煙をタバコから吸引するため、タールが直接口腔内に充満して、舌や歯に付着します。
特に本来色が白い歯にこびりついてしまうと、黄ばみや黒ずみの原因となってしまうのです。喫煙本数が多ければ多いほど、喫煙歴が長ければ長いほど、タールは蓄積されていくのです。

 

また、粘着性が高いなどのタールの性質から、この黄ばみは通常の歯磨きでは落とすことができません。
さらにタールが与えるのはこの黄ばみだけでなく、臭いがついてしまうことも多くあり、口臭の原因にもつながっていくのです。