レディホワイト

レディホワイト有効成分の詳細

レディホワイトは日本国内の工場で作られている医薬部外品です。
しかも発泡剤、漂白剤、研磨剤フリーで安心して使用できます。

 

ポリアスパラギン酸ナトリウムのホワイトニング作用

 

レディホワイトに含まれるポリアスパラギン酸というのは、サトウキビや、もやしなどの豆類によく含まれているアスパラギン酸というアスパラギン酸アミノフェラーゼという酵素の働きがあるアミノ酸がつながってできている成分のことを指します。
アスパラギン酸はたんぱく質を合成したり、尿素を合成する働きがあって、主に栄養ドリンクなどの疲労回復効果に優れていますが、ポリアスパラギン酸はたんぱく質と合成することで歯の汚れをとっていく働きがあります。

 

歯の汚れというのはたんぱく質からできていることが多いでポリアスパラギン酸がホワイトニング効果に優れているというもののお肌のホワイトニングを促すというよりは汚れを強力にはがれ落とす働きに優れているといったほうがよさそうです。
アミノ酸がつながった形をしていると前述しましたが、このつながっている部分で汚れを挟み込むイメージなのです。
研磨剤が入っているわけではないのでポリアスパラギン酸だと歯に負担をかけずに汚れをきれいにおとしてくれます。

りんご酸のホワイトニング作用

 

歯磨き粉によく使用されているリンゴ酸ですが、名前の通りリンゴの中にある成分のことです。
しかし、リンゴ以外にもいちごやパパイヤのような果物やトマトのような野菜にも含まれていて、味としてはリンゴの甘い味とは異なりすこしピリピリするような酸っぱいような味がします。

 

クエン酸と一緒に入っていることが多いようです。
このリンゴ酸というのは飲んでも問題ないものですのでジュースの酸味に使われたり、食品の酸味に使われたり、体内に入る可能性もある歯磨き粉にも使用されていたりもします。

 

リンゴ酸はクエン酸と一緒になっている多面疲労回復効果があったり、胃の働きを活発にしたり、殺菌効果があったりととても優れているのですが、歯にも効果があり、歯についてしまった黄ばみなどの色素沈着を改善してくれて歯を白くしてくれるような効果もあります。

 

日頃毎日歯磨きをしていても紅茶やコーヒーなどを飲んでいたりたばこを吸っていたりするとどうしてもステインという色素沈着が起こってしまいます。
そんな嫌な色素沈着にリンゴ酸は効果的。歯の汚れを浮き上がらせて歯を白くしてくれるのです。ですのでリンゴ酸にはホワイトニング効果があるといえます。

アスコルビン酸のホワイトニング作用
アスコルビン酸というのはビタミンCのことです。ビタミンCというのは果実や野菜などからとれる天然のビタミンCと合成されたビタミンCとあります。合成されたビタミンCのことをアスコルビン酸とも呼ばれるのです。
酸化を防ぐ働きも強いために食品の酸化防止剤として使われていることもあります。

 

アスコルビン酸というのはビタミンCと同じですのでコラーゲンの生成を活発にしてくれて美肌にしてくれる効果もありますし、お肌を白くしてくれるホワイトニング効果もあります。
アスコルビン酸のホワイトニング効果の原理としては、日光を浴びてしまうとできてしまうシミやお肌を黒くするもとであるメラニン色素がつくられるのを防いでくれる働きがあり、これによって日焼けしてしまうことでできるシミやそばかすを防いでくれるのです。また既にできてしまっているシミを薄くする働きもあります。
れいなお肌にしてくれるのでアスコルビン酸というのは女性にとっては欠かせない成分なんです。