レディホワイト

オフィスホワイトニングのメリット&デメリット

オフィスホワイトニングは、過酸化水素水がベースとなった薬剤を使用して特殊なライトを当てて、歯の表面についた色素を分解して白くするため、歯を削ったり研磨剤で磨くことはありません
即効性があって、初日から白さを実感する人もいますし、数回の通院でホワイトニングが終了するため、時間や手間を要しません
何といっても歯科医師や歯科衛生士などのプロによる適切なホワイトニングを受けることで、自分で行う手間がいらないこと、不安や心配があればすぐに相談できるという安心感があります。

 

その一方で、効果が3ヶ月〜1年くらいしか継続することができません。
1回のホワイトニング施術に1〜6万円程必要なことを考えると、施術を繰り返すことで、費用がかさんでしまいます
また、オフィスホワイトニングで用いる過酸化水素水は濃度が高いので、知覚過敏になってしまう可能性があることや、施術後24〜48時間の禁煙や着色しやすい飲食物を控えるという制限があります。

 

オフィスホワイトニングの費用例

オフィスホワイトニングの料金相場は一般歯科で1回30,000円〜50,000円程度、ホワイトニング専門歯科の場合1回5,000円〜30,000円程度と一般歯科より相対的に安い料金相場となっています。

 

 

メニュー

料金

Aクリニック オフィスホワイトニング 

22,000円
(2回目以降 17,000円)

B医院 オフィスホワイトニング  1回 32,000円
Cクリニック オフィスホワイトニング 2回セット 35,000円
Dクリニック オフィスホワイトニング 1回  12,000円
E医院 オフィスホワイトニング 1回  20,000円

オフィスホワイトニングを行っている歯科医では、ホームホワイトニングをセットにしているコースを用意してるところも多いです。

 

ホームホワイトニングのメリット&デメリット

ホームホワイトニングは、自宅で行うホワイトニングであるため、自分のタイミングで、都合に合わせて行うことができます
白さについても自分の好みの色や明るさになるまで続けることで思い通りのものにコントロールしやすいといえるでしょう。
低濃度の薬剤を使用するので、自然な白さに近づけることができることも自分好みにできるというところです。
そのため、ホワイトニングの効果が1〜2年程と長期勘持続させることができます。

 

費用面では、初回に歯科医院でマウスピースを作ってもらったり検診費、ホワイトニング剤の代金が必要となってきますが、それ以降は5千円程度と比較的安価で行うことができます。
これらのメリットに対して、ホワイトニングの効果を実感するまでに3〜4週間かかってしまうことや、すべてを自分で行わなければならない手間がかかってしまうことを面倒に感じてしまう人がいることも事実です。
また、ホワイトニング実施後30分〜1時間の喫煙や着色しやすい飲食物を控えなければならないという制限もあります。

 

市販のホワイトニング剤の口コミ

すごく興味あって実はまだ試していません。
それはもう何年も前からですが当時歯医者でしか普通ホワイトニングはしないものだと思っていたのですが、゛ANE CAN″という雑誌にアネキャンモデルさん達が歯のホワイトニング自宅キットを愛用している記事を読んで自宅で自分でできるなんて?と要チェックしました。
なんていうかみた感じ本格的なプロ仕様のホワイトニングキットでドラッグストアで買えるようです。
ですが先日歯医者で(女医)歯のマニキュアのようなものの事や自宅ホワイトニングキットの事を聞くと「不自然な感じになりますよ」とあまり賛成意見は言われませんでした。
しかしホワイトニングの自宅キットはアネキャンモデルがそのお手軽さに大絶賛していたので一度はやってみるつもりでいてます。
歯医者によって特に女医さんだったし(あんまり見てくれの事を言うと不機嫌になる)ホワイトニングについては主観的な意見もあると思うのでここは直感とアネキャンモデル達の大絶賛の方を優先しようかと思っています。
ホワイトニング自宅キットは試して見る価値大という事で。

当時の私はたばこを吸っていたので、歯を磨いてもいつも黄ばんでいる感じで、ちょっと、いやかなり気になっていました。
使用する歯磨き粉もホワイトニングのものにしたりしていました。
そんな時に出会ったのが、歯をきゅっきゅと磨くだけで歯を削ったように白くなるというホワイトニング剤でした。
結果から言うと、どこが白くなったのかあまりよくわからない感じで、説明書の通り、一度で白さを保証するものではありません、とその通りでした…
それでも数回は頑張ったと思います。けれどもそんなに真っ白になることもなくやめてしまいました。
手軽さと金額的には安価で夜ちゃっちゃとやればすぐに終わるようなものだったので、そんな結果でも仕方ないな…という感じでした。

 

それ以降、自宅でホワイトニング剤は使っていませんが、なんにせよたばこをやめることと、毎日ちゃんと歯をしっかり時間をかけて磨くことが一番ホワイトへの近道だな…と感じます。
とはいえ、まだまだ望んでいるような白さには全くなっていませんwww

市販のホワイトニング剤を使用した場合、少しは白くなるような気がするが歯医者さんでホワイトニングをしたときのように劇的に変わるものではない。
アメリカで売られているホワイトニングの歯磨きのほうが、日本で売られているものよりも薬剤が強いのか、効き目がこちらのほうが良いように感じた。
アメリカに行ったときはまとめ買いするようにしている。
1つのホワイトニング剤を使い続けるのではなく、薬剤が違うものをたくさん使ったほうが色々な角度からアプローチできるかなと思い、何種類かのホワイトニング剤をまんべんなく使用するようにしている。
週に2回はこのホワイトニング、週に2回は別のホワイトニング、週に3回は歯槽膿漏予防の歯磨き、などというように。
日々ホワイトニングを意識しているせいか、歯が白いとは言われるようになった。
白さをキープするためには、やはり日々ホワイトニング剤を使用し続ける必要があると思う。
白くするためにといよりは、白さをキープするために使用している。