レディホワイト

歯周病について

歯周症は日本人の約8割の人が罹っている身近な病気です。
自分には無関係と思っている人でも、既に罹っている可能性もあります。
というのも、歯周病はなかなか自分では気づきにくい病気なのです。

 

歯周病に罹っても見た目では分かりにくく、自覚症状もほとんどないため、気がついた時にはかなり進行しているケースも多いようです。
歯周病菌は歯と歯の間で増殖し、その数がどんどん多くなると、歯を支える骨が少しずつなくなってきます。
噛む力に耐えられなくなった歯は、最終的に抜け落ちてしまいます。
歯周病で失った歯を支える骨は、もうニ度と元には戻れません

 

このような状態にならない為にも、定期的な歯科検診とセルフケアが必要です。
歯周病菌は歯と歯の間や境目につきやすい為、歯磨きでしっかりと磨き落としましょう。
また歯茎についた歯石の周りには菌がたくさんついているため、歯周病の進行を加速させる原因となります。
歯科医院で定期的に歯石取りを行ってもらうのも、歯周病予防となります。

 

歯磨きは自分で行える歯周病治療

歯周病は虫歯とは違い、見た目の変化もなく、また痛みも伴わず、長い年月をかけてゆっくりと進行していきます
そして、歯を支えている骨が少しずつなくなり、歯を失う原因にもなる恐ろしい病気ですので、そうならない為にも、早期発見、早期治療が必要です。
軽度の歯周病であれば、歯磨きによって改善されることも出来ます。
歯周病菌が口の中に溜まったままの状態が続くと、増殖し歯周病が進行してしまいます。
とくに、歯周ポケットに入ってしまったら歯ブラシでは届かず、セルフケアではどうしようもありません。
その手前で侵入を阻止することがもっとも重要になってきます。

 

歯周病菌は、歯と歯茎の境目や歯と歯の間に溜まりやすいですので、その部分を歯磨きによって集中的にケアすることが歯周病予防と、軽度の歯周病治療となります。
毎日のきちんと歯磨きを行っても、その効果を自分で認識するのは難しいですので、定期的に歯科医院で検診を行ってもらい、自分の口の中の状態を知ることも大切です。