レディホワイト

ホームホワイトニングをすると知覚過敏になりやすいのは何故?

最近はホワイトニングを施術する人が増えてきました。
しかし、ホワイトニング後に知覚過敏になるという人も増えているようです

 

実際のデータによるとホワイトニング後に知覚過敏がおこる人は2割から3割のようです。
さらに、軽い知覚過敏の症状も含めると全体の7割くらいがちょっとした違和感を感じるようです。知覚過敏が起こる理由の一つとしてはもともと目には見えない程度に表面のエナメル質に傷やひびが入っていた場合です。

 

この場合はエナメル質からさらに内部の象牙質に薬剤が入ってしまうので少し変化を感じ、これが知覚過敏になってしまうようです。
傷口に消毒液を塗るとしみてしまうのと同じです。またクリニックなどでホワイトニングをする場合に歯にライトを当てて施術する場合があります。
この場合にもこの光が原因で知覚過敏を感じてしまう方は多いようです。

 

また、年齢を重ねるとともに歯茎がどんどん下がっていってしまうのですが、これによって薬剤が歯茎近辺につくとやはり同じように知覚過敏を感じてしまうようです。

 

しかし、レディホワイトのような歯の美容液レベルのホワイトニング剤には知覚過敏をおこすほど強い薬剤は使われていないため、知覚過敏が気になる人はレディホワイトのような歯の美容液から始めた方が良いかもしれません。

 

知覚過敏とは?

知覚過敏は、虫歯でもないのに歯がしみるという症状のことで、日本人の3人に1人が経験したことがあるといいます。
知覚過敏の症状が起こるのは、かき氷やアイスクリームなど冷たいものを食べた時や熱いもの、酸味の強いものを食べた時、歯ブラシの毛先が触れた時などが一般的です。
正確には象牙質知覚過敏といい、歯の表面を覆っているエナメル質が削れてしまい、内側にある象牙質が露出することによって引き起こされます。

 

象牙質には歯の神経である歯髄が通っており、これが剥きだしになっていることで、口にしたものからの刺激が直接伝わって歯が染みるという症状が起こるのです。
知覚過敏が生じるのは、毎日の生活の中でエナメル質を傷つけてしまったことがあります。そのため、歯みがきや食生活のほか、疲労やストレスによる歯ぎしりが指摘されます。

 

また、ホワイトニングの薬剤や歯周病、虫歯、噛み合わせが原因となることもあるので、知覚過敏が気になる場合には自分の生活習慣を見直すと共に口腔内の状態を確認することが必要だといえます。

みんなの知覚過敏対策

歯科を受診した際、知覚過敏と診断されました。
私の場合は、ブラッシングが原因とのことでした。
小学生の時に虫歯の治療で嫌な思いをして以来、歯磨きには気を使っていたつもりだったので、かなりショックを受けました。
よくよく先生の話を聞いてみると、気にしすぎるあまりブラッシングに力が入り過ぎていたらしいのです。
半ば歯を削っていたようなもので、表面が薄くなり神経が刺激され、痛みを感じていたのだそうです。
良かれと思い念入りにマッサージをしていたことが仇となってしまいました。

 

先生にアドバイスをもらい、歯ブラシをオススメしていただいた毛先の柔らかい物に変えました。
それまではたっぷりつけていた歯磨き粉もほとんど必要がないことがわかり(たくさんつけすぎると研磨剤が作用しすぎてしまう)、ほんのちょっぴりにしました。
そして肝心のブラッシング。
ブラシは歯茎にそっと当てるだけ。
ペンを握るように持ち、力を入れずに細かく左右に動かす。

 

すぐに効果が出るわけではありませんでしたが、根気よく続けたおかげで、
2・3ヶ月後には腫れがおさまり、半年後には徐々にツキーンと響くような痛みが減ってきました。
ブラッシングを変えて3年、今ではほとんど知覚過敏を感じることはなくなりました。
症状には個人差があると思いますが、ブラッシングを見直してみることも有効な手段ではないでしょうか。

最近10年ほど虫歯は全くなく、子供の頃から歯が痛くてということは、ほとんどありませんでした。
そしてある日突然、歯磨きをしている最中に奥歯に歯ブラシが当たるととても不快な痛みが襲ってきました。
咄嗟に自分の食生活や生活態度を思い起こし、忙しくて疲れていたため就寝前に甘いものを食べ足り、お酒を飲んでいたこと、以前ほどは丁寧に歯磨きをしていないことが浮かび、「虫歯だ!」と思いました。歯科医には虫歯はないけど歯周病になりやすいから注意するように言われていて、普段は丁寧に歯磨きをしていたのでちょっとした油断で虫歯になったのだとがっかりしていました。

 

水を飲んでもしみたり、今更ながら丁寧に歯磨きをしてみても痛いだけだったので、すぐに歯科医院に向かいました。虫歯が出来たようで痛いと訴えると、まずはレントゲンを撮り、その後に歯を診ていただくと虫歯はないとのお話しでした。
「虫歯がないのに痛いって?」と思っていたら歯科医が告げた病名が「知覚過敏」でした。お年を召した方がかかるものというイメージを持っていたので、とてもショックでした。
幸い私の知覚過敏はとても軽く、その場で薬を塗り、知覚過敏用の歯磨き粉を使い、柔らかいブラシで優しく磨くことを指導されました。
外出先で歯磨きができないときは、キシリトールのガムを噛むのもよいと勧められました。
これを続けていましたら1週間で痛みはなくなり、それ以降、知覚過敏は再発していません。

私は、歯の悩みについて前歯が知覚過敏で痛いです。
冷たいものや、特にアイスなど冷たくて、歯にしみて、涙が出るくらい痛くなります。
歯並びが悪く、元々、歯が丈夫ではないのですが、酸蝕歯ではないか今では心配です。
半年に1回は、クリーニングに行くようにしています。ですが、なかなかよくなりません。
自宅でできる対策としては、硬めの歯ブラシは使用しないで、柔らかい歯ブラシを使用しています。
歯を磨くときに力いっぱい磨くと、歯や歯茎に傷がつき知覚過敏になります。
歯ブラシの硬さは普通の物を使い、歯を磨くときは歯ブラシの毛先が多少しなる程度の力で磨くと知覚過敏が治ってくると聞きました。
あとは、シュミテクトを使用しています。知覚過敏用の歯磨き粉なので気軽に知覚過敏が治せると思いました。
シュミテクトに含まれるカリウムイオンは、シミる痛みを感じる部分にバリアをつくり、冷たさや熱さ等の外部からの刺激を伝わりにくくし、シミるのを防ぎます。シュミテクトは、使いやすいし手軽に手に入れることができるので頑張ります。

ストレス溜まると無意識に食いしばってしまい、知覚過敏を悪化させてしまってるようなので、意識して食いしばらないように気をつけてます。
ただ、睡眠中までは無理なので、このまま治らなかったら「マウスピース」を夜間(睡眠時)はする事を検討しないといけなくなるかもです。
さらに歯科で「シミ止め」を塗布してもらいましたが、歯科で「シュミテクト」を利用するように強く勧められたため、歯磨き粉を「シュミテクト」に変更しましたが、今のところ、波があります。
常温の水でも温かい飲み物でも知覚過敏の症状が起きてしまうため、食事(固形物)は、知覚過敏の症状が起きない方の歯(右側)で食べるように意識してます。
私の場合、ストレスが要因で食いしばり、それが原因で知覚過敏を起こしてるので、なるべくストレスを溜めない・ストレスを発散する事が大事な部分も大きく、しかし、ストレスを溜めないようにするのはかなり難しいのが実情ですので、ストレスを発散するために、ウインドーショッピングや散歩・音楽鑑賞をしてます。

冷たいものがよくしみるので、歯科を受信した際に「知覚過敏」と言われました。
歯磨きをしてみて下さいと言われ、歯科医師の前でいつものように歯磨きをしたところ、下の歯を磨く際の力の入れ方が強過ぎると指摘されました。
特に右側を磨く際に奥に押し込むような感じでブラシを当てていることで、歯茎がブラシで傷つけられ、その割りには肝心の歯はあまり良く磨けていないと言われてショックでした。

 

歯科医師の指導により、歯磨きのブラッシングの仕方を教わり知覚過敏用の歯磨きペーストを勧められました。
最初は歯科で購入しましたが、2個目以降はわざわざ買いに行くのも面倒なのでドラッグストアでシュミテクトの知覚過敏用を購入しています。他の歯磨きペーストを使うと1週間ぐらいでまたしみる感覚が出てくるので、もう他の物は使えないと思っています。
それでも半年に一度は歯科を受診し、歯のチェックと同時に歯茎が下がっていないかを見てもらい、該当の場所には詰め物をしてもらっています。