レディホワイト

ホワイトニングした後は歯に色がつきやすいのは何故?

歯のホワイトニングは歯についた汚れはもちろん、その着いた色素を薬剤のチカラで分解、白くします

 

ですので、完全にもとにもどるのには数年かかるようです。
しかし、ホワイトニング直後はシミが付きやすいので濃いものはあまり食べたり飲んだりしないほうがよいといわれています。
これは、ホワイトニング直後の歯の水分が失われるので少し白く見える為に、その水分が元に戻る1日語くらいに色が戻ってしまったように見えてしまう場合があります。

 

また、ホワイトニング直後は普段よりも歯が敏感になっており、着色しやすい状況下にあるために、すぐに色が濃い食品を食べてしまうと歯の色が戻ってしまう可能性もあります
また、せっかくホワイトニングをしたのにすぐに色が戻ってしまったとがっかりする人もいますが、だいたいの場合は戻ってしまったというよりは、目が慣れるのでおこります。

 

クリニックなどで一日に一気に白くしてしまう場合だと、施術後はとても白くなった結果に驚いてしまいますが、
そのまま毎日過ごしていると目がこの白さになれてしまうのでせっかくホワイトニングした歯の色が元に戻ってしまったと思ってしまいがちなのです。

 

ですから、クリニックに定期的にホワイトニングに通院する人もいますが、白さを維持するにもなかなかの費用がかかります。

 

そこで、オフィスホワイトニングで一端、真っ白な歯にしてもらった後は、白さ維持のためにレディホワイトのような歯の美容液で毎日お手入れをすることで、白さを維持するという人も多くいます。

 

歯のホワイトニング後に食べるのは控えた方良い食事

私たちの歯は唾液成分ぺリクルから作られる膜によって表面を守っています。
しかし、ホワイトニングを行った際には薬剤によってぺリクルが一時的になくなってしまうので、エナメル質が剥きだしになってしまうのです。

 

ぺクリルの再生には12〜24時間を要してしまうので、それまでの間は食事の影響を受けて歯に汚れがつきやすい状態にあります。

 

そのため、ホワイトニングの白さを長持ちさせるためにには、歯に着色しやすいものは控えた方が良いと考えられます。
具体的にはタンニンを多く含む赤ワインや紅茶、緑茶、ウーロン茶、柿、バナナ、リンゴなどです。

 

また、カレーに含まれるターメリックも黄色の色素がつきやすいと考えられます。さらにはブドウやブルーベリーなどアントシアニンを多く含むもの、コーヒーやさつまいも、じゃがいも、ゴボウなどクロロゲン酸を多く含むもの、納豆、大豆製品などイソフラボンを含むものがあります。

 

もしも、これらのものを食べてしまった場合には、すぐにレディホワイトなどで歯を磨いてリスクの低下を試みるようにしましょう。