レディホワイト

歯のブリーチとホワイトニング

歯をホワイトニングするという言葉をよく聞きますが、歯をブリーチするとは聞きなれません。

 

しかし、ブリーチとは漂白するという意味なので、ブリーチとホワイトニングは変わりありません
ただ、歯科では、ブリーチというよりブリーチングと呼ぶ場合が多いようです。

 

ですから、ホームホワイトニングという言葉に対してホームブリーチングと呼ぶ場合もあります。
また、オフィスホワイトニングに対してオフィスブリーチング呼ぶ場合もあります。

 

ホワイトニングにしてもブリーチングにしても使う薬剤は、強く、近く過敏を起こす人がいます。
しかし、薬剤が強いだけあって、効果もホームホワイトニングよりは早く白くなれます。

 

レディホワイトのように、リスクなく、好きな時間に自分のタイミングで5分だけホワイトニング剤で歯を磨くホワイトニングを低価格で行うか
高額なホワイトニングですが、短期間(2〜3回通院)、毎回1時間の治療を知覚過敏になる可能性がある中行うか。

 

時間にもお金にもゆとりがあるなら、病院でやることに越したことはありませんが。。。

 

どのくらいの白さを求めているのか、メンテナンスレベルで良いのか?など個人個人で求めるものによりレディホワイトかオフィスホワイトニングなのか選びたいところですね。

 

病院での歯のブリーチング方法とその値段

ブリーチングとは、審美歯科やデンタルクリニックで行う歯の漂白のことをいいます。
ブリーチングの方法にはいくつかありますが、病院で行うオフィスブリーチングは過酸化水素などの薬剤を歯に塗布した後、LEDやレーザーなどの光を当てて熱を加えることでホワイトニングの効果を得ます

 

ブリーチングは健康保険適用外の自由診療にあたるため、価格設定は各歯科医院で異なります。
ブリーチングを施術する歯1本ずつに対して価格設定をしているところも多くありますが、回数単位で考えると一般的には一般歯科であれば、1回当たり30000〜50000円程度、ホワイトニング専門歯科では1回当たり5000円〜30000円程度が多いようです。

 

ただし、ブリーチングを行う前に虫歯や歯の状態、歯周病の診察を要したり、歯石や汚れを落とすクリーンング料金が必要となることが通常の流れとなります。
また、通常は見えることがない奥歯が施術本数に入っていないことがあるため、設定本数より多く施術を希望する場合には追加料金が必要となってくるので注意しましょう。