レディホワイト

審美歯科で行うホワイトニングと自宅で行うホワイトニングの違い

歯のホワイトニングと言っても自宅でする方法と病院でする方法があります。

自宅でする方法の基本的な流れはキットを使用するので薬剤を歯に塗り、その後マウスピースをはめるだけです。
その際のマウスピースは病院で歯型をとり自分だけのマウスピースを作るのに費用がかかります。
しかし、自分の歯の形と同じなので液が漏れにくく知覚過敏になりにくいというメリットもあります。

 

病院でホワイトニングする場合は、様々な方法があります。

 

自分の歯の上からラミネートをかぶせるラミネートべニア法があります。
この方法メリットは歯にラミネートを接着剤を使ってかぶせるだけという簡単な方法でありながら、白い歯を手に入れると同時に一つ一つの歯を整えられるため前歯に隙間がある方に向いている方法です。

 

デメリットはボンドで貼り付けるラミネートべニアが薄く割れやすいため奥歯も不向きなのでオールラミネートにはできません。
どうしても白くしたい方は奥歯は、セラミックやメタルボンドを入れるのが良いかもしれません。
また、前歯でも強く噛みしめる運動や仕事が必要な方には不向きです。
さらに、受け口やかみ合わせが悪い方は割れやすさが増すので不向きなようです。

 

薬剤を使用したホワイトニングを病院で行う場合はledライトやレーザーを当て美白速度を上げる方法があります。

 

また、歯科医師が行ってくれるという安心感もあるため病院を選ぶ方も多いですが、ホームホワイトニングより高額な治療費と通院する手間がかかります。

 

審美歯科で行うホワイトニングの特徴

歯を削ることなく白くすることができるホワイトニングを行うには、いくつかの方法がありますが審美歯科でホワイトニングを行うことにどのような特徴があるのでしょうか?

 

歯や口腔内のの治療はもちろん、審美歯科は口元を自然に見せることに重点を置いて治療することができる病院です。

 

そのため、虫歯治療が目的でなくても気軽に受診することができると言えるでしょう。

 

そもそも、私たちの歯は、歯並びや年齢、食生活などによって個人差があります。
これらの差によって歯の黄ばみや汚れ方も異なることから、自分に合った方法や治療方針、白さのレベルまで、プロに直接相談しながら専門的な知識と技術のもとでホワイトニングを行うことができるのは、審美歯科ならではないでしょうか?

 

また、自宅で行うホームホワイトニングに比べると1〜3回ほどの通院で好みの白さを実感することができるため、手間や煩わしさがないことも審美歯科でホワイトニングを行う上での利点だといえます。

全国のホームホワイトニングを推奨医院

札幌・・札幌デンタルケア

 

福島・・市名坂歯科医院(仙台)

 

千葉・・松浦歯科医院
東京・・東京ミッドタウンデンタルクリニック(六本木)
   クリア歯科(新宿)
     池袋デンタルクリニック
   渋谷歯科田中
    恵比寿ミュゼホワイトニング
     赤坂見附歯科
神奈川・・鶴見歯科医院(横浜)
埼玉・・パラシオン歯科医院
愛知・・板津歯科医院
岐阜・・江崎歯科

 

大阪・・スマイリー歯科(梅田)
     ミント歯科(心斎橋) 
京都・・オズデンタルクリニック

 

福岡・・あい歯科(キャナルシティ博多店)
熊本・・こじま歯科