レディホワイト

オフィスホワイトニング体験談

20代になってから、虫歯になり歯医者に通い始めました。
虫歯が治ってからも3ヶ月に1回の歯科検診を受けて、簡単に歯の表面を磨き着色を取ってもらっていましたが、当時タバコを吸っていた為、歯の着色が気になっていました。
そんなときに、いつも言っている歯医者でホワイトニングのキャンペーンがあり、この機会にやってもらおう!と思いきってホワイトニングしてもらいました。

 

歯の色の見本を数種類見せてもらい、鏡をみながら自分の今の歯の色を確認して、どの程度ホワイトニングをするかのカウンセリングの後施術。
タバコは吸っていましたが、定期検診でみてもらっていたからか、私の場合、自分が気になっているほどは着色が無かったようです。
あと、あまりに白くして『ホワイトニングしましたー!!』という歯になるのも嫌で、してもらった後もそこまで変わったかなぁ?と思うくらいの出来でした。
もちろん、納得済みなのですが。

 

自分が気にしていた歯の色が、そこまで着色が無かったというのがわかっただけでも良かったと思います。

 

私が体験したホワイト二ングは研磨剤のような歯磨き粉のようなものを電動歯ブラシのようなブラシが回転もするものに付けて、一本、一本磨いていくというタイプでした。
他にもなにか薬品を使っていました。けっこう振動はあるのですのですが、痛くはありませんでした。少し摩擦熱を感じるくらいでした。所要時間はおよそ30分くらいです。

 

白くて、ピカピカになりますし、歯で触った感じもツルツルとしていて、陶器みたいで気持ちが良かったです。
本当はこんなに白かったのかと思いました。

 

コーヒーや紅茶を飲んだ後は口をゆすぐように気をつけていました。やはり、色が薄い飲み物の方が着色し難いです。

 

きをつけていれば一ヶ月以上、白さを保てました。

 

やっぱり歯が白い方が清潔感があるし、笑って歯を見せることも抵抗なくなりました。

 

話している時なども、口元に目がいくものなので、やって良かったと思います。

 

一度、歯医者さんでホワイト二ングをしてからは、定期的にやってもらうようになりました。

 

昔から自分には、若干歯が黄色いと言うコンプレックスがあり、ホワイトニングと書かれた歯磨き粉とか使用してみたけど全く効果はなく
。別のことで歯医者へ通院していたらホワイトニングのポスターを見かけ、本当になるか不安だったけどチャレンジしてみました。
初めに色々と説明されました。施行方法や金額等。口に器具を装着し、数分にかけて薬品を塗っていく施行でした。
装着された器具で何度か嗚咽を伴いましたが、慣れるとそこまでなかったです。

 

日を開けての2度施行。初日は歯科医師がやってくれましたが、2度目は歯科衛生士さんがやってくれました。
薬品自体は問題なかったんですが、施行後に物凄い違和感や不快感が襲ってきました。

 

例えて言うなら、激しい知覚過敏のような?しみるというより、痛い感覚があったんです。歯科医師曰く、薬剤を浸透させているので何らか違和感は出てきますという感じでした。
施行途中や終了後には、段階に並べられた歯のカラーサンプルで比較されるんですが、どこをして頂いたんだろう?って思うほど変化は見られませんでした。
ヤニとかステインで着色している歯では無いので、ホワイトニング用のマネキュアや歯を入れない限り芸能人のような白さにはならないよって終了した後に言われました。
自己満足で受けてみたけど、さほど変化が無かったです。
方法やクリニックによっては違うかもしれませんね。結果、私は効果はありませんでした。